JIOわが家の保険

●事業者の瑕疵担保責任
新築住宅を供給する事業者は、住宅の中でも特に重要な部分である、構造耐力上主要な部分および雨水の侵入を防止する部分(下図)の瑕疵に対する10年間の瑕疵担保責任を負っています。
●瑕疵担保責任の履行の確保
住宅瑕疵担保履行法は、事業者の瑕疵担保責任を確実に履行するための資力確保措置(保険の加入または供託)の義務付け等を定めています。これにより、消費者が安心して新築住宅を取得できるようになります。


●保険制度とは
保険付保住宅に瑕疵があった場合に、修補等を行った事業者に保険金が支払われる制度です。
●消費者を守るしくみ(JIOへの保険金の直接請求)
事業者の倒産、死亡などにより相当の期間を経過してもなお瑕疵担保責任が履行されない場合、保険付保住宅の取得者様はJIOに対し瑕疵の修補などにかかる費用(保険金)を請求することができます。(直接請求)

●住宅瑕疵担保履行法に基づく「新築住宅」が対象です。
●規模、階数、構造の制限はありません。
●JIOの設計施工基準に準拠することが必要です。

建築士の資格を持った現場検査員が現場検査を行います。

コメントは受け付けていません。