地盤サポートシステム


実績ある解析力により、不同沈下しない地盤対策を提案しています。
地盤調査、調査データの解析、そして地盤の状況に応じた基礎仕様・改良工事の提案により、地盤サポーとシステムを提供しています。

地形や立地条件から土地状況を読み、
地盤の締まり具合を調べます。
調査は住宅の建設に適したスウェーデン式サウンディング試験を採用しています。住宅の建設予定地にあわせて5ポイント(通常建築物の場合)の地盤データを採取。これにより敷地内における地盤の締まり具合の偏りや深さごとの土の性質を知ることができます。
調査データはもちろん様々な要素で解析します。
解析にあたっては、調査で収集したデータだけでなく、地形図や土地前歴、航空写真など、 あらゆる資料を収集判断し、不同沈下しない地盤対策に活かします。
解析結果をもとにその詳細を報告。
その土地に適したプランを提案します。
解析によって導かれた結果をもとに、その土地に適した基礎仕様を提案。詳細なデータや現場写真を添付した「地盤調査報告書」にて、調査結果を報告します。
解析の結果、
軟弱地盤と判定した場合、
土地状況に応じた基礎仕様の提案や
地盤改良工事を提案及び実施します。
不同沈下しない地盤の品質をお約束。
基礎着工日に始まり、引き渡し日から10年間保証します。
地盤サポートシステムに申し込まれた登録ビルダー様(工務店様)に対し、申込物件の地盤についてジャパンぼーむシールドの定める品質基準に合格した場合に、その旨を保証します。

●総則
JHSは地盤サポートシステムを申し込まれたビルダーに対し、地盤サポートシステム規程に基づいた物件の地盤についてJHSの定める品質基準に合格したことにより、地盤サポートシステム規程を適用いたします。
●対象をする建物※延床面積1,000㎡以下を対象とします。
・戸建住宅  ・3階以下の共同住宅  ・3階以下の併用住宅  ・3階以下の事務所
・3階以下の店舗(※店舗については、用途を事前にご相談ください。)
・地盤調査または地盤改良工事の完了日から3年以内に引き渡しをする建物
●対象期間
基礎着工日に始まり、その該当物件が物件所有者に引き渡しされた日から10年間とします。
●免責事項
地震、噴火、洪水、津波、台風、竜巻、暴風雨、集中豪雨、落雷などの天災、および火災、爆発、暴動などの不可抗力に起因する場合。
地滑り、崖崩れ、断層、地割れ、および敷地の周辺にわたる地盤・地形の変動、沈下、地下水の増減、植物の根等の成長、その他予測できない自然、周辺環境の変化に起因する場合。
JHSが承認していない増築、改築、収補工事または擁壁等を含む外構工作物工事等が実施されたことに起因する場合。

コメントは受け付けていません。