暖炉のある家

深い庇は夏の高い太陽の日差しを遮り、冬の低い日差しを室内に入れる効果があり、年中を通し快適にお過ごし頂けます。また、大きなウッドデッキは第2のリビングとして外部と内部とつなげる効果があり、バーベキューなどお楽しみ頂けます。

  • 天井は昔ながらのイナゴ天井をアレンジし、印象的なつくりとなっています。

  • 古い民家に使われていた梁をアクセントとして再利用しています。 現在の家にはこういった大きな梁はほとんど使われておらず、年月が刻んだ風合いは古木ならでは です。

  • リビングの一角に薪ストーブを設置。自然な温かさや、薪のはじける音、炎の揺らめきなどはエアコンにない安らぎを感じることができます。

  • 落ち着きのある深いブラウンで統一された古民家調のインテリア

  • 幅2m40cmの大きな窓から日差しがあふれ、暗くなりがちなブラウンの室内も 明るくなります。